合宿免許に関する知識


合宿免許は、主にあまり余裕な時間が無い人が、短期間で自動車免許を取りたいと思っている人が参加するものだと思われがちですが、ほかにも様々な目的をもった人が参加をしています。

まず、合宿免許は都心部から地方の教習所まで、日本全国至るところで行われているので、免許を取るついでに東京などの都心部に行って、観光しようと思っている人は都心部で合宿免許を取りますし、免許を取るついでに地方の田舎に行って、景色を見て癒されてこようと思っている人は地方で合宿免許をとります。
また都心部では、通合宿という、教習所に泊まったりせずに家から教習所まで通いながら、しかし合宿免許と同じ期間で免許を取れるというものも存在します。



しかし、通合宿を行うためには教習所が自分の家の近所にある必要があるので、自分が通合宿ができる教習所というものは自然と限られてきてしまいます。

また、平日に学校や会社帰りに通学スタイルで教習所に通っている場合、教習から次の教習まで間が空いてしまうため、前に習ったことを忘れてしまうことが起こってしまうことがありますが、合宿の場合は、毎日一日中教習ができるので、以前に習ったことを忘れることも少なくなるため、免許を取るための試験で落第することが減ります。



しかし、合宿の場合、その合宿で同じ部屋に泊まることになった人と生活習慣の違いや価値観の違いなどから、揉め事やトラブルになったりしてしまうことがあるので注意が必要です。




Copyright (C) 2016 合宿免許に関する知識 All Rights Reserved.